矯正治療

きれいな歯並びは、美しくみえるだけでなく、歯周病の予防にもなります。 かみ合わせが良くなるので、肩こりや首の痛みなどが治ることもあります。
ブラケットの色も、透明のものや白い目立たないものをお選びいただけます。
分倍河原ひまわり歯科では、お子様から大人の方まで、その方に最適な方法で矯正治療を行っています。
歯並びについてのお悩みやお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

お子様の矯正(小児矯正)

小児矯正は6歳くらいから永久歯の生えはじめとともにスタートします。
永久歯が正しく並ぶように導いたり、顎の成長を助けることを目的とします。

床矯正治療

床矯正床矯正治療とは、歯並びを治す治療です。小児の成長期に合わせて治療を始めるとより効果がでる方法です。
主に歯を残すことに重点を置く、歯を抜かない歯科矯正治療です。

大人になると 歯並びを変えることはできますが、顔の骨格まで治すことはできません。
子どもの時期に歯列を整え、正しく歯を機能させてあごの骨を発育させることが大切です。
具体的には、床矯正装置を使って小さなあごを正しい大きさに戻し、歯を並べるスペースを作ります。そして、必要ならワイヤーを使い、歯並びを整えていきます。
床矯正装置は食事の時など、必要に応じて外し可能です。

顎骨成長は思春期成長(身長がグンと伸びる時期)よりも早く終了してしまうので、治療開始が早ければ早いほど良好な結果を得ることができます。
永久歯が生えそろってから矯正治療を行うよりも、早い段階で矯正を行っておくことで、お子様には体の負担が少なく、ご両親には経済的負担を少なくして矯正が行えます。 当院では生涯ご自身の歯で噛むことが出来るように、大切なお子様の永久歯をきれいな歯並びになるようにお手伝いいたします。

中学生からの大人の矯正

メタルブラケット(金属ブラケット)

メタルブラケットもっとも一般的で費用もかからない方法です。 以前に比べて装置が小さくなり、目立ちにくくはなっておりますが、金属色が見えてしまうのが欠点です。

セラミックブラケット(写真左側)

セラミックブラケット写真の左側はセラミックでできたブラケットです。
金属に比べると非常に目立ちにくく、歯とほとんど同化してわからなくなります。
当院で用いているブラケットは、メタル、セラミックともに
全てセルフライゲーションシステム(*1)を用いております。

*1セルフライゲーションシステム
従来の装置のようにワイヤーをしばりつけるのではなく、キャップ状の部品で止めることで緩やかな力をかけたり、摩擦を少なくし、歯を動きやすくするシステムです。これにより、術中の痛みが少ない、歯の動きが早いというメリットがあります。

マウスピースによる歯列矯正

マウスピースによる矯正です。 この装置を用いることによってブラケットを装着しなくても矯正治療が可能です。 優れた治療法ですが、全ての症例に適応ではありません。術前にきちんと適応を見極める必要があります。

~インビザライン~

インビザラインとは、取り外し式のマウスピースを装着するタイプの矯正治療のシステム名です。
下記のような特徴があります。

・透明で目立たない
インビザライン・アライナーは透明で目立たないため、装着していることが分からず、見た目にストレスを感じません。
・簡単に取り外しができる。
取り外しsが可能なため、いつでも簡単に歯のお手入れができ、口腔内を健康な状態に保つことができます。
・治療経過がわかりやすい
3D治療計画ソフトウェアを利用する事で、治療開始から完了に至るまでの歯の移動をシュミレーション画像や動画としてコンピューター画面上で確認する事ができます。
・金属アレルギーの心配がない。
金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。
スタッフ募集
インビザライン 分倍河原ひまわり歯科のブログ
Copyright © 分倍河原ひまわり歯科 .All Rights Reserved.